shadow

基礎体温表と排卵日検査薬を最大限に活用する。

基礎体温表&排卵日検査薬は家庭で行える不妊治療。

 

※■これで何か道が開けるのならと、すがる気持ちで基礎体温を計る毎日を過ごしています。

 

つけはじめてから3か月経った今思うことは「なんでもっと若いころから基礎体温表をつけなかったのだろう」という気持ちです。

 

測ってみると、私の基礎体温表は、グラフがパラパラしていて排卵日がどのあたりなのかもよくわからず、だらだらと高温期に突入するような感じで、とても理想的とはいえないものでした。

 

これが私自身なんだと思うとショックでしたが、思えばあまり体調のことを気にせず、無理をした生活をしていたかもしれません。

 

そういうことがわかったというだけでも収穫でした。

 

基礎体温表をつけることは、赤ちゃんを望むすべての女性に重要なことだと感じています。

 

※私がおこなっているフォローアップは大きく3つの内容に整理できるといいました。

 

ひとつはセックスライフを見直すこと、そして基礎体温表をしっかりつけること、排卵日検査薬上手に使うことです。

 

卵胞チェックは婦人科の診察室においてしかおこなえませんが、基礎体温表をつけることと、排卵日検査薬を使用することは、家庭でおこなえるという大きなメリットがあります。

 

こうした方法は、女性の心身に負担をかけることなく、女性自身が自立した妊娠へのステップを踏むことを可能にするものだと考えます。

 

このパートでは、基礎体温表の具体的なつけ方や見方、排卵日検査薬の使い方などをすこし詳しくご紹介します。

 

妊娠というふたりのプライベートな出来事をなんとかふたりの力で解決していくために,ぜひ有効に活用していただきたいと思います。